【身近にあるディスカウントストア】ドンキの株価を知る方法とは?

マネーゲームのやり方

通貨

ゴールするには

「金持ち父さん貧乏父さん」というマネーに関した哲学書があります。投資をする人たちが、バイブルとしているような本です。キャッシュフローゲームは、この本を基本としたすごろくです。内側の円は「ラットレース(貧乏父さん)」、外側の「ファーストトラック(金持ち父さん)」という枠で構成されています。ラットレースの方は、正社員や自営業など働いて対価を得ている人達、ファーストトラックは不動産収入など、不労所得を得ている人達が対象となっています。ラットレースを抜け出してから、ファーストトラックを経てゴール目指すのが、キャッシュフローゲームです。すごろくなので、ラットレースを抜け出すことができたとしても、ファーストトラックの運営に失敗すると、ラットトラックに戻る場合があります。キャッシュフローゲームのやり方ですが、最初に「ラット(ねずみ)、チーズ、コイン」3つのコマの色を決めます。目標となるマスにチーズ(ねずみのエサ)を置きます。目標に決めたマスを目指して、すごろくを進めていきます。サイコロを振ったら、出た目の一番大きい人からスタート、時計回りに進みます。キャッシュフローゲームは、ラットレースから抜け出して、不労所得で働かなくても生活できることを目指すゲームです。なお、キャッシュフローゲームでは、手元の資金が足りなくて不動産が買えない場合に、銀行ローンを組むことができます。また、初めて利用する人でもお金の流れをしっかり把握でき、どのような所に投資したらよいかの判断力を身に付けられるという点も魅力の一つとなっています。楽しいキャッシュフローゲームで、遊びながら投資の基本を学びましょう。